田中さんが考えていること

大阪で働く孤独な社長が主にブログ運営について独り言をつぶやくブログ

おすすめ記事一覧

ブログ初中級者のための簡単にアクセスアップする方法(まとめ)

アクセスアップ
田中です。

今回は、当ブログで紹介してきたブログ初中級者向けの簡単アクセスアップの方法をまとめて説明します。

アクセスアップのためには、少々時間がかかりますが、最低限、これだけは実施しておくべきと思いますので、是非、参考にしてください。

検索で上位表示される記事を書くこと

アクセスアップは、結局はコンテンツの中身次第だ、なんていいますが、そもそも読まれないことには、そのコンテンツが良いのか悪いかも分かりません。

従って、まずはユーザーに読まれることが大切で、そのためには検索されたときに上位表示されるかどうか、が鍵になります。

では、検索されて上位表示されるにはどうすればいいのか?

簡単に言えば、検索するユーザー(ターゲット)を想定すること、そのユーザーが何を知りたくて検索するのかを考えること、

そして、知りたいことを検索するにあたってどのようなキーワードで検索するかを考え、

そのキーワードを記事名、見出し、記事文中に散りばめながら、知りたいこと(回答)を記載すること、です。

それらについて、簡単に以下の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

サイトの表示を高速化すること

次に大切なのが、サイトの表示スピードです。

せっかく検索されて、クリックされたのに、表示スピードが遅いとユーザーは離脱してしまいます。

それまでの間がたったの3秒程度。

そして、今、ブログのユーザーが使用しているデバイスは圧倒的にスマホが多いですので、スマホユーザーに優しい、

つまりモバイルフレンドリーなサイトにしておく必要があります。

そのためには、画像データを圧縮したり、カスタマイズしすぎて重くならないようにしたりする必要があります。

実際に自分のブログサイトの表示スピードを計測したり、モバイルフレンドリーかどうかを判定するツールについても、以下の記事で紹介していますので、

是非一度、計測などして結果が悪い時は対策を行って下さい。

ユーザーにブログ内を回遊させること

さらに、次の段階では、せっかく訪れたユーザーを離脱させない、直帰させない工夫が必要になります。

そのためには、関連する自分のブログの記事に内部リンクをはって、次の記事を読んでもらう必要が出てきます。

そこで一番重要なのが、「まとめ記事」を作成し、そこに関連記事の内部リンクを集約すること。

それによって、被リンクの多いまとめ記事が、グーグルに評価され、さらにブログ自体が評価されるといった好循環を生むことが大切です。

1ユーザーが1ページ読んで直帰するのと、2ページ読んで離脱するのとでは単純にPV数に2倍の差が生じます。

その他、パンくずリストなどについても説明していますので、以下の記事を参考にして下さい。

記事を投稿する時間を工夫すること

皆さんはいつも何時ごろに記事を投稿していますか。

1日のうち、3度、ブログが非常に読まれる時間帯というものを知っていますか。

基本的には、ざっくり朝、昼、夜、なわけですが、もう少し時間帯はしぼられます。

ユーザーがブログを読まない時間帯に投稿するよりも、読まれやすい時間帯に投稿するほうが、

いわゆる「バズ」(はてなブログでは人気エントリー入りなど)も期待できます。

そういったあたりも、アクセスアップをはかるには必要となってくると思います。

以下の記事にそのあたりをまとめていますので、是非ご一読ください。

とにかくブログを継続すること

実は、これが一番むずかしい問題です。

人間というのは(僕もそうですが)数字が出ないとなかなか継続することが難しい、というかしんどくなってしまうんですね。

ですが、ブログではそんな簡単に、そんな短期間で、結果は出ません。
(確信しているというか経験済みです。)

したがって、モチベーションを保つことが大事です。

そこで、雑記ブログか特化ブログか?という議論が出てくるのですが、これがまた難しい問題でして。

雑記でもネタ切れ問題というのは、長くやっているとどうしても出てきたりもします。

そのあたりについて、以下の記事にまとめていますので、参考にして頂けると幸いです。

泥くさくカスタマイズしてみる

アクセスアップに関するカスタマイズはいろいろあると思いますが、あまりやりすぎてもというところがありますので、僕が実施している方法を一つ紹介します。

それは、ブログのヘッダー下に「おすすめ記事」を表示する事。

これにより、実際にそれらの記事が読まれていることがアナリティクスでも分かっていますので、是非、やってみてはどうかと思います。

読まれない記事をno-index化する

記事がストックされてくると、読まれる記事と読まれない記事の差が生じてきます。

そもそも読まれないページ(プライバシーポリシー、問い合わせフォーム、カテゴリーページなど)もあります。


読まれない記事は読まれるように(検索されるように)リライトするのが基本です。

しかしながら、リライトしても難しそうな記事については、削除してしまうか、それともno-index化するか、どちらかしかありません。

せっかく書いた記事ですから、できればブログに残しておきたい…

そんな時にno-index化という方法を使いましょう。それについてまとめた記事がこちらです。

まとめ

ブログ初中級者が、簡単にできて、かつ効果があるアクセスアップの方法をまとめてみました。

今後も、アクセスアップの方法をこの記事に追加していきますので、是非、定期的に読みに来てください!




今日も田中のブログを読んでくれてありがとうございます。

「ブログ初中級者のための簡単にアクセスアップする方法(まとめ)」でした。