田中さんが考えていること

大阪で働く孤独な社長が主にブログ運営について独り言をつぶやくブログ

おすすめ記事一覧

「新元号」はいったいどんな漢字なのか?素人が勝手に予想してみる

f:id:gugurou:20190330152642p:plain
田中です。

写真は僕ではありません。

僕は日本人男性です。ごめんなさい。


さて、そろそろコートが暑くなってきましたね。

あと数日で4月。

いよいよ新元号も公表されます。

いったい、どんな漢字になるんでしょうか。

「平成」は苦難の時代だった

当時、小渕元官房長官が発表した「平成」ですが、当時代は本当に災害が多い時代だったと思います。

僕も神戸出身なので、阪神淡路大震災を経験しました。


自宅はほぼ全壊でしたし、屋根の瓦が車に落ちて、愛車も廃車になったりと踏んだり蹴ったりでした。

約6千人という未曽有の命が失われた、歴史に残る本当に辛い出来事でありました。


その後も、3.11の東北の地震や津波、それにともなう原発事故があったり、

新潟や、熊本や、大阪北部でも地震があり、広島をはじめとする中国地方でも大雨による甚大な被害がありました。


確か、原発事故のときには、当時の民主党政権がいろんなことをやらかしてくれまして、

それ以前からも、現在では親中派として中国から大歓迎されている元首相が、

沖縄の基地問題(辺野古には移転しない·····で、普天間はどうするんだ?)で無責任な発言をした為に、未だにそれを引きずっているなど、

政治においても「重大事故」がありましたね。


世界的にみても、ニューヨークのワールドトレードセンターに旅客機が突っ込むという、信じられない、いや、あり得ないテロ行為や、

シリアなどでは「イスラム国」、いわゆる「IS」による残忍、残虐な戦争行為もありました。(まだ続いている)


とにかく、平成は天災と人災の時代であったといっても過言でありません。

新「元号」を予想してみる

それらを踏まえると、

そのような天災や人災が、次の時代では起こりませんように、との願いをこめたものになるのではないか?

個人的には、そう思うのですね。

そして、明治(M)、大正(T)、昭和(S)、平成(H)とは違うアルファベットになるのではないかと。


だとすると、漢字でいえば、

安(A)とか、幸(K)とか、さすがにBはないと思いますが(笑)、そんな文字で構成されるんじゃないかと。

全くのシロウト考えですけど。

それもあと数日すれば分かります。


まさかキラキラネームじゃあ?


まあ、それはさすがにないでしょう。


とにかく、平和な時代になってほしい。

ただそれだけを祈ります。

まとめ

ズバリ予想すると「安定」、「幸永」(「光栄」)なんていうのはどうだろう?

まあ、安倍さんが首相だから、「安」はさすがにないかもしれないので、イチオシは後者で。

そして、4月からはコートを脱いで、新たな気持ちで、新年度、新元号、新時代を迎えましょう!


なお、唐突ですが僕個人でいえば、今年まで着ていたコートはお役御免です。

コートさん、長い間、有難うね。

ということで、来冬には新しいコートを新調する予定です。


今日も田中のブログにお超しいただきましてどうもありがとうございました。


以上、「「新元号」はいったいどんな漢字なのか?素人が勝手に予想してみる」でした。

【追記しました】
新元号は「令和」でしたね。

かすりもしませんでした。(笑)


※今日のはてなブログ読者登録数9(前日比+8)

※2019.3.29アドセンス申請済(この時点で5記事)